thum_other1
2022.04.06

【企業紹介|金光味噌】輸出が伸びるオーガニックMISO

  • Share on

ペーパー試験もなければ、面接もない!
標高500mほどの妙見山までハイキングをし、府中公園でバーベキュー、その後は工場見学――。
この新しい採用試験を試みるのは、創業140年を超える府中味噌蔵、金光味噌だ。「一緒に働くのだから、苦しい山登りや、楽しいバーベキューをするなかで、人となりを感じさせてもらえればと思って」と、金光康一社長自らが本気で人材探しを行う。

味噌といえば日本の食卓に欠かせない調味料というイメージだが、金光味噌の市場は5割以上が海外。40年前から輸出を始め、ヨーロッパを中心に、オーストラリア、北米、アジアなど各国の食文化にアレンジした製品を開発して、積極的に現地の展示会へ乗り込んでいく。同社のSNSをチェックすると、海外での商戦の頻度に驚く。
それに合わせるように、製品開発もハイペースで、多いときには3、4品もの開発が同時進行。「お味噌汁の味噌」という限られた枠ではなく、ドレッシング、ディップ、カレーなど、表現を広げて、現在は70品以上もの自社製品が世界中のスーパーマーケットに並んでいるのだ。

各国で通用する強みとなっているのは、140年以上もの長い期間、蔵では様々な菌と戦い続け、成長してきた「蔵菌」の存在。どの味噌蔵とも違う、同社だけの深い味わいの基礎になっている。
さらに、有機素材による味噌づくりを先駆けて実践したことで、オーガニック市場である海外の消費者に受け入れられてきた。米国では小麦を含まないグルテンフリー製品が、ヨーロッパでは塩分濃度が醤油の半分以下の醤油麴が伸び続けている。こうして海外向けに企画した製品が、めぐりめぐって今少しづつ日本でも注目され始めているという。

「味噌は発酵食品の中でも、不思議な力を持っている。ヨーグルトやチーズとは違い、メカニズムが複雑。その分、商材として無限の魅力があると思う」と、金光さんは新たにインドやネパールにも仕掛けていく勢いだ。
面白い企画を次々と形にしていく斬新さと、ユニークな採用方法を試みる柔軟さとを併せ持つ味噌蔵。クリエイティブな仕事ができる会社だ。

企業紹介

金光味噌株式会社
売上高:1億円5000万円
従業員数:18人
住所:〒726-0005 広島県府中市府中町628
TEL:0847-41-2080
URL:https://www.kanemitsu-miso.co.jp/
引用:WORK&LIFE GUIDE BOOK

この企業へ興味がある方は、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせフォーム:https://bingo-fuchu.jp/inquiry