高橋工芸 (3)
2022.03.15

【企業紹介|高橋工芸株式会社】クルーザー内装に特注家具の技を生かす

  • Share on

九州の大川家具、北海道の旭川家具、岐阜の飛騨高山家具と並び、広島の府中は日本の主要家具産地として栄えてきた。婚礼家具を運ぶお祝い用のトラックが通りを行き交うのが、ひと昔前の府中の風景だった。
多くの地元工場が婚礼ダンスを作るなか、「他者と同じことをしていては生き残れない」と、書棚、サイドボード、机などの洋風家具を製造し、独自のものづくりを心がけてきたのが高橋工芸だ。

その最たるものが、高級クルーザーの内装家具の製造。トヨタ自動車のマリーン事業部からの依頼で製造をスタートし、既に5年、クレームゼロで50艇以上もの納品実績を持つ。今後は1億円以上のクルーザーの内装にも取り組む予定だ。

「特注家具の代名詞になる」という大きな旗を掲げる高橋工芸では、約10年前から東京・青山のオーダー家具専門店「AREA」と提携し、次々とオーダーメイド家具の発注が舞い込む。今では売上全体の5割を占めるまでになった。
国内での安定した受注を受ける一方で、新たな市場開拓への投資も続ける。世界にマーケットを広げていくため、家具づくりの本場であるドイツ・ケルンメッセに3年連続で出品した。
2015年には倉本仁さんデザインの飾り棚「Molly」がグッドデザイン賞を受賞。ドイツのステファンディーツ氏ともデザイン契約。さらにオランダのアムステルダムに倉庫を構え、1品でも配送できるように整えた。海外輸出に向けた「世界に通用する府中」ブランドの確立へ歩み続ける。

地元では、高橋工芸の高橋正美社長といえば、ちょっとおもしろい存在。自社ギャラリーをつくり、若手芸術家の発表の場にしたり、ライブやイベントを開催したりと、若い人たちにチャンスを与えてくれる。
「夢に向かって楽しんで仕事がしたいと思っている」と、新しいことへ次々とチャレンジする高橋さん。社員20人の小さな会社ではあるが、向かうは世界だ。
メイド・イン・ジャパンの技術をつないでいく仕事、家具づくりの現場で世界を目指す人材を求めている。

企業紹介

高橋工芸株式会社
売上高:2億円
従業員数:20人
住所:〒726-0013 広島県府中市高木町1113
TEL:0847-45-2323 / FAX:0847-46-3668
URL:https://www.takahashi-kougei.com/

引用:WORK&LIFE GUIDE BOOK

この企業へ興味がある方は、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせフォーム:https://bingo-fuchu.jp/inquiry