takemoto
2020.01.11

【*niko】記憶のはしっこにでも、覚えていてほしい場所

*niko

No.003

  • Share on

記憶のはしっこにでも、覚えていてほしい場所

自身が、がんという病気を経験して生まれた、ハンドメイドの医療用帽子専門の空間。ネット販売から始まり、現在はアトリエをお店としてDIYしたのち、週一回オープンされています。同じ病気をした人に、気持ちをシェアできるように、そして、身近な誰かがそうなった時、こうゆう場所があるよ、と、覚えていてもらいたくて開いた空間。これからも、この生き方を伝えていきたい、帽子を通じて、一人でも多くの方に笑顔になってもらいたい、という想いを込めての制作です。

A place that she hopes "Keep this in the back of your head."

Through her experiece of suffering a cancer, she founded a specialty store of handmade medical use caps. Owner, Takemoto-san starts her business from a web store, now has opened her atelier as a retail store that she did a interior work. This store opens only on Thursday, to share her experience with the people who do suffurs a cancer as she has done. She said, if people around you would suffur cancer, hoped them to let people know here is. She continues to make much more smiles through making and sending those caps.

お店の情報

営業時間:木曜 10:00 から 16:00
※要予約
販売場所:ウェブサイト
TEL:0847-41-7068
広島県府中市目崎町 486-3

Open 10:00 – 16:00
Thursday, reservation
requireed.
486-3 Mesakicho,
Fuchu-shi, Hiroshima-ken

http://niko358.com/