体験者の声

【府中市版ふるさとワーホリ】体験者Fさんの声

  • Share on

旧知の仲であるかのように打ち解けて楽しんだ7日間

◇◆東京都に住むFさん(30代)◆◇

 

 

令和3年11月26日〜12月2日の7日間。

府中市の上下町にある「自然の森 MGユースホステル」にて働きながら地域の方々と交流し、府中市との繋がりをつくるイベント「府中市版ふるさとワーキングホリデー」に参加していただきました。

 

春頃から自転車旅をしていたFさんは、各地をまわりながらタイミング合わせて今回参加してくださったようです。

 

そんなFさんに体験後にアンケートをさせていただいたので一部を紹介します!

 

Q,地域の雰囲気はいかがでしたか?

A,とても活発で、しっかりと繋がりをつくりながら活動されていました!

 

 

Q,滞在期間中に学んで吸収したことは?

A,宿の運営、その考え方、宿泊客へのサービス提供力、調理、地元野菜の素晴らしさなどです。

 

 

Q,府中市版ふるさとワーホリに参加して、印象的なエピソードがあれば教えてください。

A,自身も含め、それぞれ初対面であるユース宿泊者や、オーナーの和知さん、最終日には市役所の方から地域の方まで、旧知の仲であるかの様に打ち解けて楽しんでいたこと。

 

 

Q,府中市版ふるさとワーホリに参加してみての感想を教えてください。

A,とても楽しく、有意義な時間を過ごせました。また自分にとって今後の人生を大きく左右してくれそうな出会いにも恵まれ、大変感謝しています。

場所が上下町のユースホステル(和知さんの人柄)という要因もあったとは思いますが、役所の方々も柔軟に適応しながら楽しんでお仕事をされており、本当に素敵な人に恵まれている、楽しい町なんだろうなと思いました。

 

 

★最後に,今後の参加者へメッセージをお願いします!

 施設での体験内容だけでなく、意外と知らない行政の方々の仕事っぷりまで見ることができたり、色々な人と出会える機会になると思いますので、全力で楽しんで欲しいです。

自分は何故かカレー作りやピザ作りをする機会にも恵まれて、それはとても大変ではありましたが、本当にかけがえのない体験になりました。元々の行程や作業内容に組み込まれていないことでも、積極的に参加すればする程、貴重な体験ができる場になりますので頑張ってください。