fuchudonna-1

府中市ってどんなところ?(さらにくわしく版!)

  • Share on

広島県のどのあたり?

広島県の東部“備後エリア”に位置します。山々に囲まれた盆地です。海はないですが、市内には一級河川の芦田川が流れ、毎年6月半ばには鮎釣りが解禁されるのが市民の楽しみの一つです。そろそろ誰かが鮎を届けてくれる時期じゃね、が初夏の府中のご挨拶です。

イベントやお祭りもたくさんあります!

賑やかでワクワクするお祭りもあれば、季節の風景の中に抱かれるような、心がホッとする一日を過ごせるイベントもたくさんありますよ。

春:「宇根かたくりまつり」「うやま桜まつり」「安楽寺さつき祭り」「首無地蔵の大祭「十輪院の春の大祭」

夏:「ほたる祭り」「あじさい祭り」「三郎の滝フェスティバル」「河佐峡フェスティバル」「オオムラサキを自然に帰す集い」「備後国府まつり」「諸田のベジタブルなコンサート」「天領上下花火まつり」

秋:「羽高湖湖畔フェスティバル」「上下かかしまつり」「三郎の滝紅葉まつり」「備後府中食博」「秋の夢吊橋ウォーク」「奇岩・巨岩の岳山登山の集い」

冬:「ごんぼう祭り」「天領上下ひなまつり」

福山へ遊びに行く時は、電車「福塩線」で

福山市から三次市の塩町まで結ぶ「福塩線」を利用します。府中駅から福山駅までは約45 分。片道 500 円。府中発福山行きの始発は 5 時 23 分。福山発府中行きの終電は 23 時 39 分。だいたい1時間に1~2本あります。

バスは市内をめぐる足にも、カープ観戦にも

市内の病院や市役所など主要機関をめぐる「ぐるっとバス」は1乗車が大人 150 円で利用できます。朝8時から 16 時までに 13 便がぐるっとしてます。広島市内へショッピングやカープ観戦に行く際は高速バス「リードライナー」を利用します。「道の駅びんご府中」発だと片道約 1 時間半 2200 円で行けます。府中福山間は1 時間に1~2本の便があります。

朝は、ゆるやか通勤

都会の人には魅力なのかな?平均通勤時間は 15 分くらいです。ほとんどの人がクルマ通勤。家から会社までのドア to ドアです。ときどき、健康のためにのんびり歩いて行く人もいます。のどかな朝の時間です。

府中焼きがランチの定番

一言で“広島焼き”と言っても、広島県内でも各地域でネタが違うんです。広島市内は豚バラ肉ともやしを入れ るのが定番。「尾道焼き」は砂ズリとイカ天を入れる店が多いですね。「三原焼き」は鳥もつを使用。「竹原焼き」は、酒粕を生地に練り込んでいます。各地の食べ歩きをする のもこの辺り備後エリアの魅力ですが、正直なところ「府中焼き」、どこにも負けてません!一番美味しいと自負しております。ラード多めの和牛挽肉が熱で溶けだし、生地をパリパリにします。中ではキャベツが蒸されてフワフワに。もやしは入れないので、ベチョっとなりません。パリ×フワッです。府中で就職したら、ランチは月曜日から金曜日まで「府中焼き」で♪

病院も不自由なく

市内に総合病院が2軒。かかりつけ医となる個人病院も点在しています。特殊な病気や治療が必要な場合は、車で40分ほどの福山市や30分の尾道市へかかるケースもありますが、主な病院までのバスが運行していたり、あまり負担ではないですよ。

休日の過ごし方

日常の買い物は市内のお店やスーパーマーケットで十分ですし、週末に気が向けば隣の福山市にある大型ショッピングモールに足を延ばすことも。春のお花見は「府中公園」「南の丘公園」「羽高湖」。海がないので夏は、府中っ子は川遊びが基本。「河佐 峡」「三郎の滝」などで涼みます。市営プール「月見ヶ丘プール」もオススメ。混んでないし、監視のおじさんがいてくれるので、子どもたちが安心して泳げます。秋は栗拾い、木の実とりをしてクリスマスリースづくり、デイキャンプなどで過ごします。冬は1~2時間ほど車で走ってスノーボード、スキーを楽しみます。

府中市のエリア感覚&どんな人種かというとぉ

府中市は、大きく分けて2エリアあります。府中駅を中心に、住宅や店舗、工場が立ち並ぶ中心地区と、古い白壁の街並みが風情を感じさせる上下地区です。また、勤め先や進路先として隣の福山市へ30 ~ 40 分かけて通勤通学するのも一般的です。

最初はとっつきにくいかもしれません。都会の人に対して ょっとびっくりしてしまうのかな。外国の方とお話するような気分になるんです。言葉が通じるかの不安。ま、一般的に田舎はどこもそうですよ。でも、慣れてくると、いい感じになってきます。春はつくしや山菜、夏はキュウリやピーマン、すいか、秋は栗やお花、冬は大根、白菜を誰かが軒先に届けてくれます。ご近所さんからのお裾分けで、食卓が美味しく楽しくなるんです。食べ方や作 り方も教えてくれるし、お喋りするとホッとする。大き 家族のように暮らしていきます。一日のうちのどこか 、「やさしいよなあ」と口ずさむことがありますね。

ママ編集者が見た、子育ての実態

都会と違うところは…。待機児童はゼロ。保育所は駐車場があるので車での送迎が一般的です。市内には公園も点在していますし、2017 年にリニューアルオープンした「こどもの国ポムポム」では木製おもちゃが充実。ボルダリングやクッキングも楽しめます。もちろん、大人一人につき子ども二人までしか利用できない…てことはありませんよ^^
放課後児童クラブや塾、習い事も充実しているので、子どもに合わせて選択肢も揃っていると思います。大手の塾から、細やかに支えてくれる個人教室、無料で教えてくれる太鼓教室やワンコインで習えるチアダンスなども。ママ友や子ども達でサークルを立ち上げるグループもあるし、練習場所となる公民館やグラウンドも揃ってます。