暮らす LIVE

2020.01.14

『中国新聞 上下販売所』身近にある新聞が、どうやって手元に届くのか

上下高校生が紹介する備後府中人 中国新聞上下販売所『藤原一議 さん』

上下高校の地域に学び地域に貢献するすることを目的に行われている「総合的な学習の時間(きずな創生学)」で、高校生が地域住民を撮影するシリーズ。

  • 上下高校 藤原壮隆、岡田千尋、岡田優花子、島田来世

取材しようと思った理由

私たちのテーマは「身近な存在」です。

私たちの身近にある新聞が、どうやって手元に届くのか。
その過程を知るために、中国新聞を取材しました。

これを見れば、新聞が届くまでの仕事の、すべてが分かります。

取材後の感想

藤原さんが積極的に取材に応じてくれたことで、身近な作品に仕上がりました。
実際に仕事をさせていただくなど、記帳な体験もできました。

 

藤原さんの仕事に対する熱意や、新聞が私たちの手元に届くまでの過程を知ることができました。
人が見ていないところで働いている方々の苦労が分かりました。

 

撮影から編集まで、全体を通して楽しんで取り組むことができました。

  • メールまたは電話でお問い合わせください。

    『中国新聞 上下販売所』
    住所: 〒729-3431 広島県府中市上下町上下1066-1