2018.01.14

『キテラスふちゅう』 府中の観光案内所

知れば知るほど、府中を好きになる

「お祭り通り」と「石州街道」の交点に位置し、府中市の町並みの目印・観光の道しるべとなるよう、建物自体がシンボルとなる外観となっている「キテラスふちゅう」(府中市地域交流センター)その観光案内所の窓口の顔、門田さんに府中の魅力や仕事のやりがいを聞いた。

府中市観光協会

府中に戻ってきたきっかけは?

府中に戻ろうと思ったきっかけは、仕事です。大学は府中を離れて京都に暮らしていて、両方で就活していました。家族がいるし、就職ができた府中を選びました。市役所の臨時職員で観光の仕事を経験し、観光協会で働くことになったんです。イベントに出演させていただいたりと楽しいですよ。

 

観光協会ではどんなことをされていますか?

キテラスふちゅう(府中市地域交流センター)で、観光案内をしたり、お土産の販売をしています。お店情報や催しのご案内をしたりです。ひな祭りの時には、お雛さんはどこに見にいけばいいかを道案内したり、府中焼きのお店を教えてくださいといった観光案内らしいことはもちろんなんですが、リサイクルショップが府中にあるかとか、古い家具あるけどどうすればいいかとか、セブンイレブンがいつオープンなのかとか(笑)問い合わせて聞きましたけど。分からないことがあっても、折り返して対応するようにしてます。

とりあえず何でも聞いてみようと思うんでしょうね。「これ聞く?」ってことでも調べて対応するようにしています。そういう意味では、観光案内というのは、範囲は無いですね。とにかく、気軽に立ち寄っていただければと思います。

府中の魅力を再発見

やりがいは何ですか?

府中出身だけど、観光協会で働くまでは府中のことをあまり知らなかったんですよ。帰ってきて、仕事を通して知らなかった府中の魅力を再発見しながら働けています。

「恋しき」にあんな立派な庭園があることも知らなかったですし「首無し地蔵さん」は、名前だけ知っていて怖くて行ったことがなかったです。「府中焼き」は好きでよく食べていましたけど。良い所が府中には意外とあるんだと再発見できています。仕事で関わる人達に府中の事を教えてもらったりして、より府中のことを知れることが楽しいですね。その情報をペラペラと人に話すんですよ。

 

府中のおすすめの場所は?

私は、高校生までいた府中のことをあまり知らなかったので、府中を知れば知るほど全部いいなって思います。場所もそうですし祭なんかも。例えば、上下町の歴史的なまち並みが残っているのに感動したり、雪がひざ下まで積もった場所に行って、同じ府中でもこんなに違うのかと思ったり。

 

観光協会では、フォトコンテストを開催しているんですが、コンテストに写真を応募した府中に詳しい人達から、新たな魅力的な場所を教えてもらっています。

府中に雲海が見れる場所があるのは驚きました。プライベートでも府中の飲食店をよく使います。そんな飲食店の情報も仕事で役立っています。人に教えてもらった情報や自分の体験を、人に伝えるこの仕事は本当に楽しいですよ。

 

「府中焼きと、ビールの相性は最高です!」これだけは絶対書いといてください。

府中焼き体験

府中の観光協会ならではの取り組みはありますか?

府中の観光協会では、府中焼き体験を行っています。私も体験したんですが、自分で焼くことで、愛着がわくし美味しいですよ。地元の小学生にも授業の一環で、ご当地グルメを知るということで体験してもらっています。是非お問い合わせください。 

 

 

「楽しいですよ」と、何に対しても明るく対応してくれる門田さん。府中に訪れた人にとって、親身に対応してくれる彼女が府中の観光を楽しくさせていると感じた。府中に初めて訪れる際は、立ち寄ってリアルな府中の情報を彼女から聞いてもらいたい。

 

FB:府中市観光協会
HP:http://fuchu-kanko.jp

  • メールまたは電話でお問い合わせください。

    『府中市観光協会』
    住所:〒726-0005広島県府中市府中町559-2
    開館時間:9:00~17:30
    無料駐車場:お祭り広場(キテラスふちゅう隣)

    府中市地域交流センター
    北館は、休憩、談話が出来る「ふれあいホール」や観光に訪れた人をおもてなしする観光案内所。
    南館は、ご当地グルメ「備後府中焼き」のお店が2店舗。