2018.08.31

『備後府中焼き』備後府中のソウルフード

『お好み焼き鉄板焼き かたおか』

「備後府中焼きを広める会」を発足し、B-1グランプリの出場やメディアなど、意欲的に「府中焼き」を全国に広められてきた粟根さん。彼に府中焼きについて話を聞いた。

地域に無くてはならないお店

「府中焼きは、ミンチを使うんよ。ミンチの油で表面がパリッとなって、中はキャベツがふわふわになる。一番の特徴はそこですね」。

 

広島で一般的に食べられているお好み焼きは、豚バラ肉と卵、ソバを使割れているのが基本。

対して、府中焼きは、豚バラ肉の代わりに、ミンチが使われている。

手軽に手に入る材料で、昔から府中で親しまれてきたお好み焼きが、府中焼きである。

 

「無くてはならないお店」。

そう語る常連さん。

 

府中市内では、約50店もの府中焼きのお店が点在している。

行きつけのお店が決まっている人、週一で府中焼きを食べている人も珍しくはない。

 

備後府中焼きは、地域の生活・文化から生まれたまさに、ソウルフードだ。

 

「新しい人と出会えることが良いことですね」。

「かたおか」では、カウンター越しにお客さんと会話をしながら、焼いていく。

お店の終わりに、お客さんと一緒にお酒を飲むこともあるそうだ。

 

「ええ加減が丁度ええ」。

 

彼は、そう言う。

そんなソウルフルな「ええ加減」を堪能しに行ってみてほしい。

『お好み焼き鉄板焼き かたおか』
住所:〒726-0035 広島県府中市父石町514
定休日:木曜日
営業時間:11:00〜21:00
電話:0847-43-9020
駐車場:有り(お店裏側)