食べる・遊ぶ EAT/PLAY

2018.03.27

『上下町のおやき』若者と農事組合の合作おやき

引き継がれていく地域の産品

地域おこし協力隊の有光梨紗さんの発案で開発された上下町の「おやき」

お祭りでの限定販売

有光さんの地域産品を開発しようという試みで、上下まちづくり協議会と企画。そして、地域の農事組合法人「南農産」が製造販売。生地は南農産の米粉を使用し、中の具材となる野菜なども上下町産。もちもちっとした生地で、素朴なおいしさを感じれる。

上下中学校の生徒が、総合学習の時間に、新作のおやきを考える流れに発展。現在は、年に一度、中学生と南農産で「白壁祭り」の際に、コラボして販売されている。