備後府中人 BINGO FUCHU PEOPLE

2018.03.14

『タテイシ広美社』 人との縁を大切にしながら「自分への挑戦」

「自分への挑戦」を楽しむ

東京生まれ東京育ち。東京の大学、大学院で建築を学んだ後、進路を所縁のない広島県府中市へと決意した早川貴光さん。タテイシ広美社に勤務する彼に、府中に移住をした理由や、彼が掲げる「自分への挑戦」について話を聞いた。

挑戦してみたい

府中にきたきっかけは?

東京の知人から、広島県の備後地域が、面白い所だよって紹介されて知りました。僕は、生まれてから20年以上東京で暮らし、便利だし美味しいもの多いのでこのまま東京で暮らし続けるのもいいかなと思っていました。ですが、大学の研究で海外や様々な地方に行くことがあり、そこで出会う人や環境に興味が湧いてきたんです。このまま楽に生活する自分への対抗心の様な意味で、今までとは違う場所での「挑戦」をしてみたいと思ったのがきっかけです。

 

府中を選んだ理由は?

知人の紹介で府中のNPO法人アルバトロスでお話をしたり、タテイシ広美社という魅力的な企業に出会ったのが決め手です。また、家も借りれることになったので府中にしました。

タテイシ広美社を知ったきっかけは、アルバトロスの事務所にお邪魔したときに、タテイシ広美社の廃材があり、会社のお話を少しお聞きしてその時に何か「引っかかるもの」を感じました。その後、ご飯食べてる時に、ふと会社の名前が思い浮かんだんです。会社のウェブサイトを見て、全国に通用するものづくりをしている会社が府中にあるんだと衝撃を受け、入社したいと思い、すぐ会社に問い合わせしました。会社見学と同時に面接をしていただけることになりました。

 

面接では、自分の大学時代の研究ポートフォリオを履歴書に加えて持っていきました。それを見た社長より「早川からは、鍬をもって新しい世界を切り開いていく『フロンティア精神』を感じる。一緒に開拓していってください」。と言われて、受かったかなって思いましたね(笑)自分の取り組みや考えを聞いて、そう言ってくださったことが嬉しかったです。

自分から行動

挑戦はできていますか?

実際働き始めて半年くらい経ちましたが、面白いです。2020年のオリンピックに向けていろんな引き合いがあります。挑戦という意味では、自分から行動を起こしていくようにしています。「看板業」ではなく「情報伝達業」として、情報をかたちにすることを目的とする。その一つの経営理念に向かって、自分から周囲へ投げかけていけるようにならないとこの会社ではやっていけないと感じているので、「自分もやってやろう」という気持ちです。会長、社長が近くに感じられる環境で、思いが浸透しやすいです。それぞれの考えを良く知り、それぞれが補い合って働いているという印象です。自分の会社を褒めちぎってますね(笑)

移住

府中の暮らしはどうですか?

自然環境についてですが、東京では満員電車に揺られながら通学し、景色や季節の移り変わりを実感する余裕なんて無かったんですが、府中に来て、日々の自然の移り変わりを感じることができてます。田んぼに夕日が反射する風景を見て、初めて思わず写真を撮ってしまったり、寒くなってきて、庭から見上げる星がとても綺麗だったり。もちろん自然の厳しさも肌で感じるんですが、それと対比する自然の美しさが面白いなと思っています。

 

また最近では、空き家をD.I.Yしています。具体的には壁を塗ったり、床を張ったり、土間を打ったり。毎週日曜日に取り組んでいます。地域の飲み屋で知り合った人たちと仲良くなり、D.I.Yを一緒にしています。人と人との出会いのありがたさを、ひしひしと感じています。手伝ってくれる人がいて、その人たちも自分の技術を楽しそうに活かしている姿を見ると楽しいです。そんな日々が、東京にいた頃よりも「人の縁」をより身近に感じることができています。

これからの挑戦

これからの「挑戦」を教えてください

仕事では、まずはきちっとした成果を残したいです。こういう部分なら早川に任せられるというところを、まず一つ身につけたいと思います。プライベートでは、D.I.Yなどで自分からイベントを開催してみたり、より積極的に人との輪を広げていきたいです。「鍋しませんか?」とか(笑)仕事で勉強したことを、プライベートでも地域の人の役に立てれるように繋げていきたいとも考えています。

 

仕事でも新しい土地での暮らしも、彼が「挑戦」できているのは、人との縁を大切にする彼だからこそ。社内での取材時にも同僚に可愛がられる姿がそう感じさせてくれた。

早川 貴光

東京都出身。東京で大学院を卒業後、広島県府中市に移住。タテイシ広美社に勤務し、プライベートでは空き家のD.I.Yに励む。

HP:http://www.t-kobisha.co.jp/



タテイシ広美社の採用情報

尾道や福山・府中など自然豊かな備後に住みながら、最先端でクリエイティブな仕事に携わってみませんか?

『広島県府中市のモノづくり技術を全国に発信』

創立40周年のタテイシ広美社は、『「看板業」ではなく、「情報伝達業」として、情報をかたちにすることを目的とする』という経営理念を掲げ、時代のニーズやお客様のご要望に合わせて、屋内外看板やデジタルサイネージなどを自社で開発・提案し、オーダーメイドで対応しています。

今期は、外国人観光客の増加が見込まれる2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、都内のバス停に設置する路線・時刻表、災害避難場所などの多言語表示看板の開発に取り組んでいます。

広島県府中市を拠点にモノづくりの基盤を築き、全国に発信することで、地元の発展と社員一人一人の心豊かな幸福が実現することを会社の目的としています。

募集職種:技術営業/セールスエンジニア、システムエンジニア(SE)、構造設計
詳しくは、タテイシ広美社採用情報

  • メールまたは電話でお問い合わせください。

    『株式会社タテイシ広美社』
    住所:本社/広島県府中市河南町114
       第二工場/広島県府中市篠根町233
    事業内容:LED電光表示システム(電光掲示板)、防災情報表示システム(サイナビ)、電子ペーパー、デジタルサイネージなど