• 2018.09.15

    『鮮魚えいぢ』新鮮な魚の「自然の味」を知ってもらいたい

    食べる・遊ぶ EAT/PLAY

    上下高校の地域に学び地域に貢献するすることを目的に行われている「総合的な学習の時間(きずな創生学)」で、高校生が地域住民を撮影するシリーズ。

  • 2018.09.14

    昭和8年創業のアイスの老舗『東屋』 アイスキャンディが、思い出を語らせる

    食べる・遊ぶ EAT/PLAY

    昔ながらの「アイスキャンディー」を作り続ける「東屋」の馬屋原ご夫婦(訓吾さん/順子さん)に、お店のエピソードや、思いを聞いた。

  • 2018.09.14

    『安楽寺』 人を喜ばすことで自分が「楽」になる

    備後府中人 BINGO FUCHU PEOPLE

    別名「さつき寺」と呼ばれる「安楽寺」。春になると庭一面がさつきの花で彩られる。その住職である蛎田(かきた)大悟さんに、府中に来られたきっかけや、住職としての生き方について話を聞いた。

  • 2018.09.10

    『暮らしの音 のとこ』 お客様との「共感」を大切にする府中のインテリアショップ

    備後府中人 BINGO FUCHU PEOPLE

    府中市のインテリアの製造・提案企業「若葉家具家具式会社」のインテリアショップ「暮らしの音 のとこ」。そこで販売員として働く柏野由樹子さんに、転職のきっかけや家庭とのバランスについて話を聞いた。

  • 2018.09.10

    『太鼓ユニット 我龍』地域に根差した音楽づくり 

    備後府中人 BINGO FUCHU PEOPLE

    日本の伝統楽器である和太鼓と、欧米で生まれたドラムを融合した音楽を創造する太鼓ユニット、我龍(がりゅう)。府中に根差したアーティスト、竹内孝志さんに地元への思いを聞いた。

  • 2018.09.08

    『浅野味噌』府中の人が、自慢できる味噌を

    食べる・遊ぶ EAT/PLAY

    上下高校の地域に学び地域に貢献するすることを目的に行われている「総合的な学習の時間(きずな創生学)」で、高校生が地域住民を撮影するシリーズ。

  • 2018.09.05

    『府中市上下歴史文化資料館』お祭りだけでなく、毎日人が訪れる町にしたい

    暮らす LIVE

    上下高校の地域に学び地域に貢献するすることを目的に行われている「総合的な学習の時間(きずな創生学)」で、高校生が地域住民を撮影するシリーズ。

  • 2018.08.31

    『備後府中焼き』備後府中のソウルフード

    食べる・遊ぶ EAT/PLAY

    「備後府中焼きを広める会」を発足し、B-1グランプリの出場やメディアなど、意欲的に「府中焼き」を全国に広められてきた粟根さん。彼に府中焼きについて話を聞いた。

  • 2018.08.30

    『野津田造園』四季折々の表情を見せる庭造り

    備後府中人 BINGO FUCHU PEOPLE

    上下高校の地域に学び地域に貢献するすることを目的に行われている「総合的な学習の時間(きずな創生学)」で、高校生が地域住民を撮影するシリーズ。

  • 2018.08.27

    『キラリン☆夜店』一夜限りの府中土曜夜店

    お知らせ INFORMATION

    2018年8月25日土曜日、かつて「府中土曜夜店」を楽しんだ世代が有志をつのり、復活をさせた一夜限りの土曜夜店「キラリン☆夜店」が開催された。